HOME  >  NEWS  >  2020年「ハタラクエール」受賞法人が決定
2020.06.08

2020年「ハタラクエール」受賞法人が決定

福利厚生表彰・認証制度実行委員会(事務局:株式会社労務研究所(代表取締役 可児俊信))は、
福利厚生の充実に取り組む法人を「ハタラクエール」法人として発表しました。

 

表彰結果のご案内(PDF)はこちらから

 
「ハタラクエール」は、福利厚生表彰・認証制度の愛称です。
福利厚生の充実に取り組む福利厚生推進法人と、そのなかで特に優れた取り組みを行っている優良福利厚生法人を、それぞれ認証・表彰します。
本年は、福利厚生推進法人(40社)を認証し、そのうち特に優れた取り組みを行っている優良福利厚生法人(14社)を表彰します。
 
受賞法人一覧は下記の通りです。
 
【優良福利厚生法人(総合)】(50音順、敬称略、以下同じ)
アッヴィ合同会社
SGホールディングス株式会社(代表法人名)
サントリーホールディングス株式会社
株式会社ジャックス
テクノプロ・ホールディングス株式会社(代表法人名)
 
【優良福利厚生法人(部門)】
経営課題対応 イシグロ株式会社
経営課題対応 株式会社プラスト
現状把握 キュービーネット株式会社
制度・運用充実 株式会社電算
福利厚生への熱意 コネクシオ株式会社
福利厚生への熱意 阪和興業株式会社
ミッドサイズ法人 株式会社アイオス
ミッドサイズ法人  東名化学工業株式会社
地域法人 平成医療福祉グループ
 
【福利厚生推進法人】(優良福利厚生法人を除く)
株式会社アスカ、株式会社イナホスポーツ、株式会社N・フィールド、株式会社FPO、株式会社キャメル珈琲、サントリーロジスティクス株式会社、株式会社シスコム・テクノロジー、株式会社島忠、千葉日野自動車株式会社、中興化成工業株式会社、株式会社ツクイ、株式会社デンソーダイシン、東京スバル株式会社、豊通マテックス株式会社、株式会社日展、株式会社日本ビジネスデータープロセシングセンター、パナック株式会社、株式会社ビーブリッド、株式会社ピカいち、株式会社ボルテックス、株式会社ホンダカーズ埼玉南、ユニー株式会社、株式会社ランドネット、株式会社ルクールプラス、株式会社ワーキング・ヘッズ、株式会社ワークスアプリケーションズ
 
事務局のコメント
本制度の事務局を務める千葉商科大学会計大学院会計ファイナンス研究科の可児俊信教授は、「第1回公募にもかかわらず、多くの応募をいただきました(応募数は非公表)。多くの応募をいただいた理由は、人材採用の強化や健康経営の推進、「働き方改革」といった背景があり、それを福利厚生の充実や見直しで対応しようという企業が多いためと考えられます。人手不足に悩むサービス業の企業の応募が多かったのも、それを裏付けています。学生等が入社したい企業を選ぶ際に、福利厚生の充実度も参考にできるようこの制度のさらなる普及を推進いたします。」
 
制度の目的・メリット
<学生・求職者>
学生・転職者が就職先を決定する要素として、職種・業種の他に待遇がありますが、その中でも「働きやすさ」につながる福利厚生が重要です。しかし、求人先の採用HPの「募集要項」は、基本的な制度の有無に掲載に止まることが多く、判断材料として十分ではありません。
福利厚生表彰・認証制度は、福利厚生の充実度を客観的に評価、「見える化」することで、学生・求職者に対する有益な情報を提供します。これにより、ニーズマッチングがより確かとなり定着にもつながります。
 
<選考された法人>
選考された法人は「ハタラクエール」のロゴマークが使用できます。福利厚生待遇の水準の高さが客観的に評価されることで、人材の獲得が容易となり、事業の拡大やサービスの向上につながります。また、表彰・認証を受けた法人に勤務する従業員・職員にも、勤務先の福利厚生水準の高さが示され、エンゲージメントの強化につながり、モチベーションの向上、人材の定着が期待できます。
また、受賞した法人の福利厚生が外部に開示されることで、その他の法人の福利厚生見直しの良き参考となり、日本全体の福利厚生水準の向上につながります。
 
〇ハタラクエールについて
「ハタラクエール」は、福利厚生表彰・認証制度の愛称です。働く人を支えるのが福利厚生の役割です。働く人を応援する福利厚生を提供している法人を表彰・認証する制度であることから、「ハタラクエール」の愛称としました。よって、表彰・認証(総称して受賞という)された優良福利厚生法人、福利厚生推進法人は、いずれもハタラクエール法人ともいいます。

ENTRY

応募方法

福利厚生表彰・認証に応募される場合には、
応募用紙(エクセルファイル)をダウンロードの上、
所定の事項を記入の上、entry@fukurikosei-hyosyo.com までお送り下さい。